おすすめ

newpost
新着記事

solary
保育士の転職で見るべき求人のポイント4つ

point1

保育士は離職率が高い

保育士さんというのは、幼い頃から保育士に憧れて就職をしたという人は多いものです。しかしながら、思ったよりも過酷な状況での仕事だったり、環境が合わなかったりと言うことで、実は離職率も高い職業でもあります。

そんな離職後は、新たに求人を見つけ、転職をする人が多いでしょう。

ここでは、保育士さんの転職の際、見るべきポイントをまとめてみました。

point2

自分が重視する部分はどこか?

保育士さんが転職をする際に、求人で見るべきポイントは、自分が重視している部分が当てはまっているかどうかが重要になります。

ポイント1:園の教育方針や保育内容に共感は持てるかどうか?

園によっては、教育方針や保育内容は大きく変わってきます。
どこの園にも、各園のカラーというものがあります。

そんな教育方針や保育内容について、共感が得られるかどうかは仕事の継続に大きく影響します。

ポイント2:給与、待遇、手当は妥当か?

仕事内容に妥当で、自分が納得のいく給与面であることは働く上で重要です。また、待遇や手当に関しても、自分が求めていたものと相違はないかどうかもチェックしましょう。

ポイント3:労働時間・休日日数は妥当か?

保育士さんというものは、見た目以上に過酷な仕事です。そのため、休日はしっかりと休むことが大切です。そのため、休日日数は確認しておきましょう。また、労働時間が長すぎないかも確認が必要です。

ポイント4:職場の環境・人間関係は良好か?

いくら待遇が良くても、職場の環境や人間関係が良好でなければ長続きできません。実際にその職場で働き始めているわけではないので、環境面や人間関係についてはわかりにくい部分です。

しかし、いつも求人を出していたり、頻繁に人が入れ替わっているような職場であれば、多くの人が辞める何かしらの問題があるかもしれません。

おすすめ