保育士の転職お仕事探す前に、遊び場ワールド > 保育士コラム > 保育士の残業の多さは労働基準法に違反?

保育士の残業の多さは労働基準法に違反?

Pocket
LINEで送る

保育士は残業が多い

保育士さんの共通の悩みの1つとして言われるのが、残業の多さ。
とある調査によると、保育士さんの残業の実態は、1日あたり2時間以上の残業は日常茶飯事という状態のようです。

そして、この残業はサービス残業がほとんどを占めるということで、ニュースなどでも話題になることもあります。

保育士の仕事は、1日8時間では終わらないことがほとんどです。
子供がいる時間は子供の面倒を見る保育時間になりますので、自分のやる業務は子供が帰宅してから。

園のイベント前には子供の衣裳、季節ごとの室内の飾りや制作など、やらなければいけないことは後を絶ちません。もちろん、持ち帰りの仕事もあります。

そのため、保育士さんは残業が当たり前という風潮が根付いています。

労働基準法に違反している?

保育士の仕事は、基本的に1日8時間という設定で待遇や給与を設けられているところがほとんどです。
しかし、実際は1日8時間週40時間という労働時間ははるかに越す労働時間であることも多々あります。
そして、この残業に関しては残業代は支払われない”サービス残業”であることが多く、これは明らかに労働基準法に違反をしている状態です。

行政機関にこのことを訴えても、改善しないことがほとんどだとか。
しかし、最近は、保育士の働き形改革も重要視されるようになってきたので、少しずつ環境は変わりつつあります。

残業の有無は園の方針により異なる

保育士さんの残業時間に関しては、実は園の方針により異なります。

とある保育園では、十分な人員を確保しており、早番・遅番などのシフト制もしっかりと守られているため、残業時間はほとんどないというところもあるんです。

そのため、保育園の園長や経営者の考え方により、残業時間はかなり影響を受けている様子。

園によって残業時間に差があるということは、就職先の園の残業方針をあらかじめ調べて置くことも重要。面接の際は、残業に関しての確認も必ず聞いておきましょう。

保育士転職体験談
家族のために頑張るぞ!

初めての就職先は認可保育園でした。
1年目は自分の不甲斐なさにがっかりしつつも、周りの先輩に助けてもらいながらがむしゃらに働きました。
園児や保護者とも向き合い、心身共に疲れつつも独身だったので私生活を削ってでも働くことに専念することが出来ました。
3年目で結婚し、自分に家事と言う仕事が増えた事によりこのままここの保育園で働くのはキャパオーバーになるのではと思いながらも、主人の協力を得ながら頑張りましたが出産と子育てをするようになってから転職しなくてはと思うようになりました。

保育園では長期休暇がないので、転職先は長期休暇のある幼稚園を選ぶことを基準としました。
また、自宅近隣の幼稚園を探しました。

私は保育園である程度のキャリアを積んでいた事、幼稚園の園長と顔見知りであったことが転職に成功出来たと思っています。

これから転職を考えている方は、自分がいかに働きやすい環境の園なのかを見極めて頑張って下さい。

納得のいく職場探しをしましょう。

保育士として働いた時期が3年間あります。
1年目は、それはもう大変でした。まだ20代で若くて、フレッシュでしたが、最初の保育園では、男性の保育士は私のみでした。
苦しい時も相談できるひともおらず、わからないこともなかなか質問できず、失敗の連続でした。給料も10万いくかいかないかしか手取りでもらえず、一人暮らしだったので、生活も苦しかったです。そんな生活を続けることはできず、結局1年でその園は退職し、公立の保育園に合格しましたしたので、そちらに転職しました。

すると、私立の保育園に比べ、給与の面では、2倍程上がりました。
ようやく生活は、落ち着き、もちろん、男性保育士はひとりでしたが、1年間の経験が生かされて仕事はスムーズにでき、まわりの女性保育士とも悩みを打ち明けたり、新人保育士からも相談を受けたりするようになり、職場の人間関係は、良好でした。

転職が成功できたのは、やはり給与面が上がったことで、生活に余裕ができたことが1番の転職の成功だったと思います。気持ちと生活にある程度余裕がないと、切羽詰まってしまうとおもうので、自分の納得できる職場と業種を選んで、日々の仕事に打ち込んで欲しいと思います。

Pocket
LINEで送る

関連記事

おすすめ