保育士の転職お仕事探す前に、遊び場ワールド > 保育士コラム > 保育士等キャリアアップ研修制度とは?

保育士等キャリアアップ研修制度とは?

Pocket
LINEで送る

保育士のキャリアアップ向上の制度が発足

保育士の勤務待遇の向上と、専門性をさらに強化することを目的として、保育士等キャリアアップ研修とそのガイドラインが平成29年4月から発足しています。

今までは、保育士さんのキャリアに曖昧さがあったものの、きちんと指針ができ、保育士さん自身のキャリアアップにもつながるようになりました。

保育士等キャリアアップ研修とは?

保育士等キャリアアップ研修とは、保育士さんがキャリアアップを向上させやすいよう、目的ごとに指針を決めており、それに沿った研修を実施する制度です。
このキャリアアップを受けることにより、保育士さんの給与や待遇アップが関係してきます。
そのため、今までのような曖昧なキャリアの表示ではなく、しっかりとした指針によってキャリアが上がっていきます。

この研修では、副主任保育士や専門リーダーという役職も設けており、その分手当も上がります。この研修を受けるには、勤続7年以上という条件がありますが、役職をもらうことにより、月に4~5万円の給与アップにつながります。
また、勤続3年以上でも、職務分野別リーダーという職も設けられていますので、月に5,000円ほどの手当てが支給されるようになります。

複雑な仕組みがある

ここで注意したいのが、受講者は全員上記の役職がもらえるかと言えば、そうではありません。

そもそも、この役職には人数制限が設けられています。
副主任保育士と専門リーダーは園長と主任を除いた3分の1まで、職務分野別リーダーは、園長・主任を除いた5分の1までという上限が定められています。

また、運よく研修を受講しても、手当が支給されないこともあるんです。一定の人には国からの手当ては必ず貰えますが、それ以外は園により分配方法が異なってくるようです。

しかし、この研修を受けていれば、産休や育休などにより離職をした場合でも有効だということです。この研修を修了している場合は、職場復帰をした際もキャリアとして優遇されるでしょう。

また、他の都道府県に行っても有効ですので、研修を修了していると持っていない人よりは有利だということは間違いありません。

Pocket
LINEで送る

関連記事

おすすめ