保育士の転職お仕事探す前に、遊び場ワールド > 保育士コラム > ブランクがあっても大丈夫!保育士の復職

ブランクがあっても大丈夫!保育士の復職

Pocket
LINEで送る

潜在保育士とは?

保育士の資格を持っていながらも、保育士の仕事に就いていない人のことを「潜在保育士」と言います。
保育士の中には、一度は保育士としての仕事を行っていたけれども、結婚や出産、そして体調面や人間関係などから保育士の職を離れてしまった人も多数いるんです。

しかし、そんな潜在保育士の中には、保育士として復職したいと考えている人もいます。ですが、「ブランクがあるから心配」という人も少なくありません。
そんな元保育士さんの復職についてお話していきます。

潜在保育士は需要が高い!

現在、どこの保育園でも人で不足が深刻です。
保育士の資格を持ちながらも保育士の職に就いていない潜在保育士も増え、現場では人員確保に頭を悩ます園も多いんです。

新卒の保育士は年度初めにしか採用されず、経験の関係からもすぐに即戦力にはなりにくいです。
しかし、元保育士で経験のある人であれば、ブランクはあるとは言え、すぐに即戦力になり得るんです。

現況で人手不足の保育業界ですので、そういった潜在保育士は救世主にもなります。また、私生活で子育てを経験している人は尚更即戦力となります。

ですので、ブランクがあっても不安になることはありません。

ブランクを解消する方法は?

ブランクがあると、今の保育現場がどうなっているのか気になる所です。そんな場合は自治体が主催するセミナーに出向いてみるのも良いでしょう。

各自治体では、保育士の支援研修や就活支援セミナーなどを設けているところも多いんです。
こういったセミナーに参加することにより、現在の保育現場の実情を掴むことができるでしょう。

復職はパート?フルタイム?

ブランクのある潜在保育士さんの多くは、出産や子育てなどを経験している人が多いようです。
そのため、復帰後の就職形態は、正規職員なのか、パートの非正規職員なのか迷うところですね。

ご自身の子育てや家事のことを考えると、いきなり正規職員として復帰をするのはキツイかもしれません。お子さんの年齢にもよりますが、まだ小さいお子さんがいる場合は、突然の病気にも対応できる方が良いですよね。

そういったことを考慮すると、働きやすいのはパートでの勤務が良いのではないでしょうか?
最初はパートで復帰をし、折りを見ながら今後の勤務形態を考えていけば良いでしょう。

Pocket
LINEで送る

関連記事

おすすめ