保育士の助成金・補助制度まとめ

Pocket
LINEで送る

保育士への助成金制度がある?

近年では、共働き家庭の増加により、保育園不足は深刻な問題となっています。
認可保育園以外にも、非認可の保育園も増え、保育士が不足しているという状況も発生しています。

そんな保育士不足を補うために、保育士確保のための様々な助成金制度が各実施されているんです。
保育士は、仕事量が非常に多くて大変な仕事ですが、その割に給与が低いことも言われています。
しかし、このような助成金制度をうまく活用することで、給与面が補われるのは嬉しいことですよね!

保育士の助成金制度や補助金とは?

保育士への助成金制度は、2013年から開始しており、現在は保育士1人につき月額で26,000円(最大4万円)ほどの増額となっているようです。

この金額はかなり大きいですよね!
役職のないすべての保育士に対しても、月に6,000円が支給されるため、新卒の若い保育士でも給料アップが見込めるようになっています。

この制度によって、長く保育士として勤めればきちんと給料が上がることとなり、保育士へのモチベーションがアップするキッカケとなっているようです。

また、研修制度も充実化を図っており、キャリアアップを目指す保育士にとっては、勉強した分だけお金がもらえるという環境となっています。

自治体によってさらに補助金が?

保育士不足が深刻な地域では、保育士確保のために独自の保育士助成金制度を導入しているところもあります。

東京都では、2015年度より都内で働く保育士に、月額21,000円~4.4万円の助成金の交付を開始しています。

この助成金制度は、認可保育園だけではありません。認証保育園や小規模な園で働く保育士にも交付をされており、多くの保育士がこの助成金を受け取るようになったようです。

このように、自治体によっては独自の助成金や補助金制度を実施しているところもありますので、働きたい地域でどのような助成金制度が行われているのかの調査も必要ですね。

Pocket
LINEで送る

関連記事

おすすめ