保護者に好かれる保育士とは?

Pocket
LINEで送る

保護者に好かれる保育士とは?

保育士の仕事の中には、保護者対応も含まれます。
苦手に感じる保育士さんも多いかもしれませんが、保育士にとっては避けては通れない道です。

特に、若い保育士の場合は自分の子育てを経験していない方もおり、そんな自分が対応して大丈夫かな?と思うこともあるでしょう。

しかし、保護者に好かれる保育士であれば、問題ありません。

保護者に好かれる保育士とは、どんな人のことなのでしょうか?
おしゃべりがうまく、愛想が良い、そして子どもに対しても真剣に向き合う。そんな方なら、きっと保護者からも好かれるでしょう。
また、子どもたちから好かれる保育士は、自然と保護者からの評価もあがりますよね。

子どもとの関係を良好に保つことがポイント!

保護者はお子さんと先生との関係性を気にします。
子どもとの関係性により、その保育士の人柄や能力なども見抜いてしまうんです。

つまり、子どもがどれだけ安心して心を開いているか、それによって保護者が保育士への信頼を築きます。逆に子どもとの関係性があまりうまくいっていないと、不信感を募らせてしまうのです。

保護者に好かれる保育士になるには、子どもたちとの関係性を高め、真剣に子どもと向き合う姿勢が大切になります。

言葉より行動で示そう!

保護者に好かれようとお世辞や機嫌をとるのは、逆効果です。
言葉でいくら上手に言ったとしても、行動が伴っていないと意味がありません。

社交的な保育士であれば、確かに保護者と打ち解けるのは早いでしょう。
しかし、それだけではうまくいきません。
仕事に対する責任感が低かったり、子どもに対して誠実な対応ができていないと、保護者は保育士に不満を募らせるでしょう。

普段の保育の中で、子どもたちと真剣に向き合い、信頼関係を築くことが一番保護者に好かれる保育士です。言葉で表すだけではなく、行動で示し、毎日の保育の中で子どもとの信頼性を高めていきましょう。そうすることで、保護者との信頼性も繋がっていきますよ!

Pocket
LINEで送る

関連記事

おすすめ