保育士の転職お仕事探す前に、遊び場ワールド > 保育士コラム > 保育士のメイクで気を付けたいことまとめ

保育士のメイクで気を付けたいことまとめ

Pocket
LINEで送る

社会人の身だしなみ・保育士のメイク

保育士のメイクはどの程度にするべきか、悩むことってありますよね。
メイクは社会人の身だしなみと言われていますので、メイクは最低限したほうが良いでしょうし、周りから好印象を持たれるメイクを行いたいですよね。

ここでは、保育士に最適なメイクについてまとめてみました。

保育士のメイク事情は?

保育士のメイクってどんなメイクが最適なのでしょうか?
特に保育士のメイクは、周りの保護者からの印象をも変えてしまう、大きなポイント。
保育園は大切な子どもを預ける場所になりますので、メイクが濃いと保護者から不信感を抱かれてしまってもおかしくありません。

保護者の目を考慮すると、あまり濃いメイクはできない。しかし、全くメイクをしないのも身だしなみとして問題になるのでは?と考えてしまう保育士は多いようです。

また、園児の世話もあり非常に忙しい保育士。園児と外に出ることも多いので、紫外線やメイクが崩れがちになってしまうのも悩みのようです。

保護者からの好感が得られるメイクとは?

保護者から好印象を持たれるメイクは、ナチュラルメイクです。
社会人の身だしなみとして、メイクをすることは常識。そんな中でも、自然で清潔感を与えられるナチュラルメイクが一番手堅いでしょう。

ナチュラルメイクは、ファンデーションなどのベースメイク、そしてアイメイクやアイブロウ、チークやリップクリームなどを使用して、メイクをしているのかどうかわからない程度に仕上げます。この時、紫外線対策にUV入りのファンデーションや下地を使うと効果的。
ナチュラルメイクであれば、清潔感もあり、保護者からも好感を得ることができますよ。

反対に、保育士にとって濃いメイクはNGです。保護者からの反感を得る可能性もあります。
濃すぎるアイメイク、そして濃い色のチークや口紅などは子どもを相手にする保育士にとっては、適切ではないとみなされてしまうでしょう。
また、カラコンやつけまつげも派手な印象を与えてしまいますので、避けるようにしましょう。
保育中に取れてしまった場合、小さな子どもが誤って口の中に入れてしまう恐れもあります。

Pocket
LINEで送る

関連記事

おすすめ