保育士は何歳まで働けるの?

Pocket
LINEで送る

保育士って何歳まで働ける?

保育士には定年があるのでしょうか?
年齢を重ねていくと、どうしても気になるのが体力。
子ども相手の仕事となると、やはり体力の衰えも気になるところですね。

保育士にももちろん、定年はあります。
保育園を運営している法人にもよるので、一概には言えないのですが、基本的に60歳での定年を決めているところも多いでしょう。最近では年金の受給年齢が65歳に引き上げられています。そのため、定年を65歳としている法人も増えているようです。

ということは、働く環境にもよりますが65歳までは働くことができると考えてよいでしょう。
この点では、長らく働ける可能性が高いので、保育士は一生働ける資格とも言えますよね。

しかし、そこで気になるのが体力ではないでしょうか?

子ども相手の仕事である保育士は、とにかく体力が勝負でもあります。
20代や30代の若い保育士と違い、高齢になってくるとやはり体力面が心配です。

年齢を重ねても保育士を続けるには?

自分が望めば、65歳までは働くことができる保育士。
しかし、体力面などを考えると、若い保育士とはやはり違ってきます。
老眼で視力が低下してしまったり、小さな文字が見にくかったり、乳児を抱っこした際に腰に負担がかかってしまったり・・・。年齢を重ねることで出てしまう問題。

ただ、実際は50代や60代の保育士だってたくさんいるんです。
そんな方々は、保育士同士で協力をしながら頑張っているようですよ!
体力面が必要な場合は、若い保育士さんに任してみるのも良いでしょう。そして、経験面が必要な場合には、ベテランの保育士が活躍したりと保育士同士でカバーをしあうことも多いようです。

また、クラス担任であれば事細かな部分にまで気を使わななければいけませんが、フリーやヘルプにまわることで補う立場になるのも選択肢の1つでしょう。

常勤保育士からパート保育士に変えるだけでも、体力面はだいぶん楽になります。
月給から時給に変わり、給与面に違いは出てきてしまいますが、健康はお金には代えられません。

体力面は個人差があります。そのためにも、自分の体にあった働き方を把握し、先輩保育士などに相談してみるのも良いでしょう。

Pocket
LINEで送る

関連記事

おすすめ