フリーランスの保育士として働く

Pocket
LINEで送る

フリーランスの保育士

皆さんはフリーランス保育士という言葉を耳にしたことがありますか?

現在、保育士の資格を持っていながらも、何らかの理由で保育士として働いていない潜在保育士が増えているようです。
保育士として働いている人の中にも、このままの働き方で良いのか?と悩んでいる人もいることでしょう。

ここでは、フリーランスの保育士として働く選択について考えていきましょう。

フリーランスの保育士として働く理由

最近では、フリーランスの保育士が増えてきているそうです。

その理由は、正規の保育士として働いていると保育の質が保ちにくいと言われているからです。

保育園には多数の子どもがいます。
それぞれの子どもには性格や個性があります。そのため、集団保育では、関わりが難しい面も出てくるんです。

そのため、フリーランスの保育士を雇うことで個人的な支援や関わりが必要な子どもの保育を充実させることができます。

また、2つ目の理由は、仕事量に見合った給料をもらえない理由もあるようです。
正規職員としての業務となると、保育時間以外にも行事の準備や書類作成など、非常に膨大な量の仕事があります。これを実際には、勤務時間外に行っていることが多いようです。

このことからも、正規職員ではなく、フリーランスの保育士として自由に働きたいと思っている方が多いようです。

フリーランスの保育士にはどんなものがある?

フリーランスの保育士には、どんなものがあるのでしょうか?

1:フリーの保育士

フリーの保育士は、急に欠員などが出た保育園に出向く、派遣のような形の保育士です。
人材派遣会社を経由して仕事を受注します。

自分の望む勤務場所や勤務時間を選択することができ、勤務時間外の仕事もありません。
また、人間関係が複雑化しにくい形態での働き方ですので、気持ち的にも楽に働けるのではないでしょうか。

ただし、毎月決まった額の給与をもらえるわけではありませんので、その点がデメリットと言えるでしょう。

2:ベビーシッター

保育士の資格を活用できるのがベビーシッターです。
ベビーシッターは、依頼者の自宅に伺い、親に代わって子どもの保育をします。

近年では待機児童が社会問題となっています。
働かなければいけないけれど、子どもを保育園に入れられないという人もいます。

そんな中で、ベビーシッターの存在は救世主とも言えるでしょう。収入面も、保育経験者であれば高く設定することもできるようです。

「キッズライン」というベビーシッターのマッチングサイトなど、ベビーシッター登録会社に所属をすると良いです。

Pocket
LINEで送る

関連記事

おすすめ