パート保育士の平均時給は?

Pocket
LINEで送る

保育士のパート・平均時給は?

パート保育士として働く上で、気になるのがその時給でしょう。

パート保育士の時給は、地域によって大きな差があります。
時給は、いろいろな地域の事情が関わって決まっているので、こればかりは仕方ありません。
都道府県や市町村からの補助金の金額、そして保育士の需要が高い地域かどうかも時給に大きく反映されています。

パート保育士の時給は、一般的に900円~1200円が相場のようです。
これも、働く園によって違ってくるのですが、技術的に高いものや経験のある保育士はより高い時給を得ることができるでしょう。
地方では、1000円以下のところが多く、都市部では1000円以上が一般的なようです。

また、派遣会社を通じて働く派遣保育士の場合は、パートよりも少し高めの設定が多いようです。
その理由は、派遣保育士の方が臨時の即戦力として採用されていることが多く、「急な要請でもすぐに来てくれて即戦力になる」というのが理由のようです。

パート保育士の時給の推移

ここ数年、全国的にすべての職業に対して最低賃金は上がっているようです。
都道府県の最低賃金の平均は、2002年には664円でしたが、2016年には823円となり、159円上がっているようです。

パート保育士に関しては、2002年には954円だったところ、2016年には1048円となり、実は94円しか上がっていないのです。

他の職種と比べても、最低賃金の平均がそれほどまで変わっていないのは気になるところです。

パート保育士として働く際の確認点

パート保育士が正規職員と違う面で注意したいのが、,em>交通費。
パート保育士でも交通費が支給される勤務先は多いようです。

しかし、正規職員の保育士よりも支給額の上限が低めに設定されていることもよくあります。
そのため、パート保育士は近隣の保育園で働くほうが手堅いと言えるでしょう。

パート保育士として働く際は、時給面だけではなく、交通費の子宮についても確認をしておくようにしましょう。そして、自分の通える範囲内の保育園に勤務することが無難でしょう。

Pocket
LINEで送る

関連記事

おすすめ