主任保育士の仕事内容や給与

Pocket
LINEで送る

頼りになる!主任保育士

保育士をまとめて園長をサポートする立場の主任保育士。
若い保育士にとっても、園長にとっても、とても頼りになる存在ですよね。

保育士の中でも、主任保育士として働いてみたいと考えている人も多いでしょう。

ここでは、主任保育士についての仕事内容や給与面を調べてみました。

主任保育士の仕事内容

主任保育士の一番大きな役割は、園長をサポートしながら、他の保育士を取りまとめ、園全体をまとめることです。

中には、クラス担任と兼任することもありますが、通常は担当クラスを持たないことが多いようです。
担当クラスを持たないことで、園全体を客観的に見ることができます。また、保育士の指導をも行っていきます。

1:保育士の指導

保育士のリーダー的な存在である主任保育士。
子どものかかわりや発達に見合った活動などを、他の保育士にアドバイスをしていきます。保育士たちの指導にも大きく関わるのが、主任保育士の仕事でもあります。

また、保育面だけではなく、保護者との関わり方や身だしなみなど、社会人としての知識も指導します。
そして、保育士たちの悩みや人間関係の仲立ちをしたりと、保育士間でより良い人間関係を築き上げるのも、主任保育士の仕事となります。

2:シフト管理や書類確認

保育園は、多くがシフト勤務です。
このシフトの管理をするのも、主任保育士の役割の1つ。

子どもの人数や様子などを考慮し、保育士などのシフトを作っていきます。
そして、シフトが完成すると、保育士全体に周知をしていきます。

また、シフト以外にも保育日誌やお便り作成、様々な書類のチェックも主任保育士が行っています。
ほとんどの保育園では主任保育士がこういった書類確認を行い、その後に園長がダブルチェックを行うようにしているようです。

3:クラスのサポート

主任保育士は担当クラスを持たないことが多いのですが、クラスにももちろん入ります。
保育園はシフト勤務となりますので、人手不足や担任が不在の時などは主任保育士がクラスに入っています。

保育現場の責任者としても、各クラスの状況を把握し、保育士を指導する立場であるため、このように時折クラスに入ることは大切です。

4:保護者対応

保育士と子どもの管理以外にも、保護者への対応も主任保育士の仕事です。
保育士としての経験などを活かして、保護者の悩みを聞いたりアドバイスをしたりすることもあるでしょう。

また、担当の保育士では解決できないクレーム対応も主任保育士が請け負うこともあります。

給与はアップする?

主任保育士になると、主任手当が加算されます。
これは、園によって差があるものの、平均して3~5万円ほどの手当てがつくようです。

Pocket
LINEで送る

関連記事

おすすめ