保育士の転職お仕事探す前に、遊び場ワールド > 保育士コラム > 子どもに怪我をさせてしまった対処

子どもに怪我をさせてしまった対処

Pocket
LINEで送る

大切な子どもを預かっている保育現場では、子どもの怪我はあってはならないこと。
しかし、残念ながら子どもはマニュアル通りに行かず、思いもよらない怪我をしてしまうことだってあります。

そんな時、保育士はどのように対応をすれば良いのでしょうか?

子どもは怪我をすることもある

子どもは失敗をしながら生きる術を獲得していくものですので、怪我だってすることもあります。

特に、保育園に通う乳幼児であれば、怪我をすることだってあるでしょう。

走っていて転んだ、などの怪我であれば、なかなか防ぎようもありません。
子どもが自分で走っていて、自分の行いだけで生じた軽いけが(擦り傷や切り傷)などであれば、致し方ありません。

しかし、注意したいのが大きな怪我です。
高いところから落ちた、頭を打ったなどととなれば、事態は異なります。

このことからも、保育士は常に子どもの安全を注意し、危険が生じそうな事柄は事前に防ぐように細心の注意を持つようにしましょう。

怪我をさせてしまった時の対応

誤って子どもを怪我させてしまった時は、ただちに応急処置を行い、場合によっては病院に連れて行きます。

そして、保護者にはこの事情を明確に伝え、謝罪を行いましょう。
この時に「すみません、見ていませんでした」だけでは保護者は納得しません

保育をしている中で、子どもから目を離すことはあってはならないことです。常に見ていることは不可能ではありますが、その理由をきちんと明確に話す必要があります。

誠心誠意な姿勢で謝罪を行い、その後も怪我の経過を聴くなど、子どもや保護者への対応は大切です。

事故を起こさせない最大限の努力

怪我はつきものと言われる子どもでも、大きな怪我は再発させてはいけません。
何事にもできる限り子どもからは目を離さず、怪我を防止するように心がけておきましょう。

どうしてもそばを離れる必要がある際は、他の先生に頼むなどの配慮も必要です。
子どもに怪我を負わせないためにも、最大限の努力と注意を心がけ、安全な保育を行っていきましょう。

Pocket
LINEで送る

関連記事

おすすめ