保育士の転職お仕事探す前に、遊び場ワールド > 保育士コラム > 保育士の正職員と臨時職員の違いは?

保育士の正職員と臨時職員の違いは?

Pocket
LINEで送る

保育士の雇用形態には、正職員と臨時職員の2つのタイプがあります。
正職員と臨時職員は同じ保育士として働いていますが、大きく違うのは、その勤務時間。
ここでは、正職員と臨時職員の違いについてお話していきましょう。

仕事内容の違いは?

臨時職員と正職員、実際の仕事内容はどう違うのでしょうか?

正職員も臨時職員も同じ子どもたちを預かって保育をしていく立場であり、実は仕事内容に大きな違いはありません。
正職員が担任を受けもったり、書類作成などを行うイメージを持たれがちですが、臨時職員も同じことをすることがあります。担任を受け持ったり、指導計画を立てたりなど、正職員と変わらない仕事を任されるんです。

勤務時間の違いは?

正職員と臨時職員の大きな違いは、勤務時間でしょう。

正職員は、園の定められた勤務時間があります。そのため、フルタイムで働きながら、勤務時間外も仕事をしている人も多いでしょう。
臨時職員に関しては、子育てや家庭の事情などにより、フルタイム勤務が難しい保育士にとっては好都合です。
資格を活かしつつ、時間や曜日などを決めて限定的な働き方ができます。

待遇面は?

正職員は、月給制です。そして、臨時職員はフルタイムの常勤であっても、基本的に時給制です。

自治体によっては、勤続年数に応じて時給を上げるところもあるそうですが、基本的には何年勤務しても時給は上がらないケースがほとんどでしょう。

採用は?

公立保育園で働く保育士の正職員採用は、年に1回がほとんどでしょう。
それに対して臨時職員の場合は、通年において随時募集をしているケースが多く見られます。

公立保育園で働く場合は、臨時職員も正職員同様に地方公務員となります。
しかし、あくまでも臨時扱いとなっており、あらかじめ雇用期間が限定されているんです。

このように、正職員と臨時職員には仕事内容は同じであってもその他の面で差があります。
自分の働き方にあった雇用形態を考え、自分自身が保育士としてどのように働いていきたいのかが、見極めとなるでしょう。

Pocket
LINEで送る

関連記事

おすすめ