保育士の転職お仕事探す前に、遊び場ワールド > 保育士コラム > 面接で「前の園を辞めた理由」を聞かれたら?

面接で「前の園を辞めた理由」を聞かれたら?

Pocket
LINEで送る

転職の面接では嘘は禁物

保育士さんの転職の際、新しい園での面接にて聞かれるのが、前の園を辞めた理由。
履歴書で、「期間満了のため」と書いているなら別ですが、大抵は「一身上の都合のため」と書いているはずなので、前の園を辞めた理由は間違いなく聞かれる項目でしょう。

その際、どのように答えたら良いのか迷ってしまいますよね?

実際は、人間関係が嫌だった、サービス残業が嫌だったという理由もあると思います。しかし、この理由は正直に言うべきなのでしょうか?

面接の際は、嘘をつくのはよくありません。
とっさについた嘘により、他の面接官から同じ質問を聞かれた際には辻褄が合わなくなることもあります。
嘘をついているかもしれないと疑われるのは、その後の人間関係にも影響が出ます。

そのため、言いにくい理由だとしても、正直に答えるのがベストでしょう。

好印象な言い方は?

前の園を辞めた理由を言う際は、なるべくポジティブな言い方で言葉を選ぶようにしましょう。
そのままネガティブな理由を伝えると、あまり良い印象はありません。

例えば、「上司との人間関係が悪く、辞めました」と答えると、「この人は性格に問題があるのではないか?またウチでも、同じように上司との人間関係をうまく築けないのではないか?」と思われてしまいがちです。

そんな時は、「様々なことを上司と連携して業務を遂行したかったのですが、上司はそれを良しとせず、話し合ったものの意見の相違があらわれたため、退職をしたした」と答えてみてはいかがでしょうか?

自分はどのような結果を求めて努力をしたか、ということを付け加えると、印象は全く違ってきますよね。

辞めた理由は嘘をつかずに正直に答えながらも、なるべくポジティブに、そして自分がそのために努力を重ねたことを伝えるようにすると、面接官にも悪い印象は持たれません。

Pocket
LINEで送る

関連記事

おすすめ